残価設定型ローンの車の扱い

残価設定型ローンというのをご存知でしょうか。車を購入する際に、あらかじめ3~5年後の下取り価格を設定しておき、マイカーローンの金額から下取り金額を差し引くシステムです。

 

初期投資が少なく済むため、今注目のマイカーローンですが、ローンには車が必須アイテムのため、子のローンはディーラー系列のクレジット会社くらいしか取り扱っていません。

 

残価設定型のローンを使って車を購入したものの、その車の所有権には自分にはなく、ディーラー系列のクレジット会社にあります。

 

実は、残価設定型ローンを設定していると、走行距離や車の状態によっては、下取り価格が大きく下がることがあり、そうなると追加料金を支払わなければなりません。だからといって、走行距離や傷をつけないように走るのはあまり気持ちのいいものではありませんよね。

 

どうしてもその車をすぐにでも自分の所有権にして、思う存分走らせたり改造したりしたい場合には、マイカーローンの借り換えがおススメです。銀行などの金融機関からマイカーローンの融資を受けて、残価設定型ローンを一括で繰上返済します。その上で、下取り価格も完済してしまえば、その車は完全に自分の所有物となるのです。

 

残価設定型ローンは中古車のマイカーローンとしては使えない場合が多いですが、新車を安いローンで買いたいと考える際に利用される方は多いです。デメリットを知らずに目先の金利に釣られて残価設定型にすると後で困る場合もあるので、よく考えてローンを組むようにしてください。