景気が動いたら借り換えどき

今組んでいるマイカーローンから別のマイカーローンにローンの返済先を変更する「借り換え」。よく聞く言葉ですが、実際にどんなタイミングで行い、どんなパターンの時に行えばいいのでしょうか。

 

マイカーローンで最もシビアにならなければならないのが、金利です。マイカーローンの金利には変動金利と固定金利とがあり、変動金利の方が同条件では低金利です。

 

ただし、変動金利は経済情勢に応じて定期的に金利が見直されます。多くのローン金利は、景気が良くなるとお金を借りたい人が増えて、金融機関も強気に出るため高金利になり、逆に景気が冷え込むとお金を借りる人が少なくなり、何とかしてお金を借りてもらおうと低金利になります。

 

借りた直後に景気が悪くなってさらに低金利になるのであれば、申し分ありません。ただし、変動金利のマイカーローンを組んだ直後に景気が良くなり、急激に金利が上がってしまうと損をしてしまいます。

 

そんなときには、マイカーローン借り換えのタイミングといえるでしょう。さらに景気が良くなると踏むのであれば、固定金利のマイカーローンにするといいでしょうし、これから景気が悪くなると読んでいるなら、今よりも低金利の変動型のマイカーローンにするといいでしょう。

 

変動金利の借り換えに対応するマイカーローンを選ぶなら来店不要で借り換えるマイカーローンから見ておくと、手間をかけずに手続きが進められるのでおすすめです。